2006年01月18日

胡蝶蘭のお手入れ

こんにちは、さとみです。
いつも、『花笑み時』を見ていただきありがとうございます。
おかげさまで読者数が日毎に増えて、嬉しい限りです。
花笑み時を始めて2ヶ月になりますが1日140人ぐらいの方に見ていただいております。
まずは1日1000人のアクセス目指してがんばります。

2月中旬には曜日毎にコンテンツを決めようと思っています。
月曜日は花壇の花・・火曜日は新しい切花・・木曜日はアレンジメント・・etc


さて、今日のテーマは胡蝶蘭のお手入れについてです。
昨日、友達と話をする中で
「まえに胡蝶蘭をもらったんだけどそのときはね、胡蝶蘭て高価なものって知らなかったの。
でね、お手入れ法も知らなくて、すぐ枯れてしまったの!!」と・・
でもこんな方、意外と多いかも?!

知っていれば意外と簡単なので、
ぜひ今日は覚えて、またはこんな記事もあったなと覚えておいてください。

1-18-1.jpg

<育て方の基本>
@水は乾いたらたっぷり!!
A置き場所は人間が過して気持ちよいと思うところ!!
(ちょっと抽象的ですが、これを基本に考えてください。)
この二つだけです


1-18-2.jpg

ではもうちょっとだけ詳しく説明しましょう。

@について
 ●水遣りは植え込み材(土の代わりになるも)を乾かすことが基本です。
 ●水の与えすぎは、冬なら根腐れの原因に。
 ●水を与えすぎると、葉っぱばかりが育ち花がつきません。

Aについて
 ●夏は出来るだけ涼しく、風通しがよいところ
  (花がついている時は風に当てないでください)
 ●冬は暖かいところに。
 ●つぼみをつけたい、つぼみを咲かせたいなら、明るくガラス越しに日光が
  あたるところに。
 ●花が咲いているなら明るく日が当らないところに

花が終わったら、葉っぱを残して茎を切ります。
茎の切り方は人によってそれぞれ。
また今度詳しく説明します。

いかがですか?
お手入れそのものは簡単ですね。

今日の胡蝶蘭は『ビーナス』という種類です。
比較的花もちがいい種類です。
(揺れると花が落ちる事があるので、配送には向かないようです)


1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る


 
posted by 麻生 さとみ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉢花のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。