2006年02月08日

お詫び

本日、午前2時から午前11時まで私が利用しているseesaaブログで
メンテナンスを行っていたようです。
その影響でブログデザインが崩れ、一部の画像が消えてしまいました。

せっかく『花笑み時』を見ていただきましたのに、大変申しわけありませんでした。

消えた画像は復元しますので、しばらくお待ちください。
今後とも『花笑み時』をよろしくお願い致します。
posted by 麻生 さとみ at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜田氏のバラ  Part2

                     皆さんの応援、嬉しいです。<ブログランキング>

今日も浜田氏のバラの紹介です。
『マダムビオレ』  と  『ブラックティ』
左がマダムビオレ。
静かなそして研ぎ澄まされた紫色。
紫もいろいろあるけれど、この紫はよけいな色が混ざっていない。
咲き方はカールして、外側の花びらはちょっとだけとがっている。

右がブラックティ。
オレンジに紫を混ぜたようなピンクがかった茶色の花色が人気。
花びら丸弁で大輪咲き。浜田氏のブラックティは直径12cm以上もあります。
香りは紅茶をイメージさせる香り。

マダムビオレ  2-8-1.jpg

そして、下は『イブピアッチェ』
モダンローズ クラシックタイプ。
咲き方はカップ咲きと言って真ん中を包み込むようにふんわりとする咲き方。
牡丹の咲き方に少しだけ似ています。
香りは強く、洗練された甘さとフルーティが混ざったような、ロマンティックな香り。

イブピアッチェ イブピアッチェ

イブピアッチェ一輪。お友達を家に招いたときに飾っておけば、
香りや色、その姿で話も弾みます。


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑ 
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
posted by 麻生 さとみ at 00:02| Comment(13) | TrackBack(1) | 花を生産する人、する事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

浜田氏のバラ Part1

                     皆さんの応援、嬉しいです。<ブログランキング>

今日はローズマイスター浜田氏のバラを紹介したいと思います。


左下は『アンティークレース』
一輪は直径3〜4cmの小さい薄いちょっとだけスモーキーなアプリコット色のバラ。
フリルのような花びらがレースというネーミングの元なのでしょうか?

アンティークレース   マレーラ

そして右上は、『マレーラ』
透き通るような繊細な花びら、
すがすがしいアプリコット色は誰にでも好まれる好感度色!
香りはフルーツのフレッシュな香りです。香りも伝えたい!


下のバラは 『ロマンティックキュウリオーサ』
ほんのりピンクがかったクリーム色。
花びらのふちがピンクに染まっているその様子は、ちょっと照れているみたいですね。
花びら裏も照れています!

ロマンティック キュウリオーサ ロマンティックキュウリオーサ


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑ 
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!


posted by 麻生 さとみ at 00:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 花を生産する人、する事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

浜田氏の作業場

                     皆さんの応援、嬉しいです。<ブログランキング>

先日、紹介したローズマイスター浜田氏。
今日は氏の作業場をご案内します。

先代からバラの作り方を引き継いでいる浜田氏
その作業場には歴史が感じられます。

壁には先代の水彩画やバラの写真と共に
『日々心がけていること』という手書きの紙が張られていました。

2-6-6-1.jpg

そして、もちろんバラの花も飾られて・・・
下の写真は『ブラックティー』
とてもきれいと思ったのですが、出荷するには納得のいかないものという。

2-6-4-1.jpg 2-6-5-2.jpg

右上の写真は、バラのとげ。
小さく細いですがとっても硬くて鋭い。

これは、バラの茎の形成層がしっかりしているということ。
つまり、細身でも丈夫なマラソン選手のような持久力のあるバラということ。
品質の違いがこのとげにも現れています。 

2-6-7-1.jpg

バラのお土産も頂きました。

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑ 
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!


2-6-8-1.jpg先日紹介したサイネリアの一輪が一週間経ちました。
http://hanaemi.seesaa.net/article/12338070.html
そろそろおしまいですが、たった一輪がこんなに楽しめるなんて!
得した気分です。
posted by 麻生 さとみ at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 花を生産する人、する事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

花とインテリア 〜ドナルド氏のメッセージ

                     皆さんの応援、嬉しいです。<ブログランキング>

今日は昨日に引き続き『TU!LIP  KISS』 from NIIGATAでの
デザイナーの作品を紹介します。

イベントは本日(2/5)まで行われています。
(入場無料  場所はこちら→http://nespace.info/

ご紹介するのは以前の記事でも紹介したドナルド・ラドヴィッチさん
のディスプレイ。
(以前の記事はこちら
 http://hanaemi.seesaa.net/article/9827087.html
 http://hanaemi.seesaa.net/article/9893539.html
 http://hanaemi.seesaa.net/article/10091000.html

タイトルは『BUTTER FLISE』

ドラルド・ラドビッチ

 ドナルド氏はアメリカ出身。
大学では美術史と彫刻を専攻というだけあって、花をオブジェとしたインテリアのトータルコーディネートの提案は際立っていた。

左の写真のシャンデリアは氏の手作り。
その他暖炉や暖炉の上のオブジェのほとんどが手作り。

2-5-3.jpg

そして、全体のテーマカラーはシトラスグリーン・黒・白の3色。
少ない色に絞る事で、ディスプレイをシンプルにそしてスタイリッシュに。

蝶々はドナルド氏の好きなものの一つで、蝶々を見ていると幸せになるという。
その理由は蝶々の羽の色に魅了されるからだそうです。

2-5-6.jpg2-5-.jpg

自分の生活空間を多くのものの中から取捨選択して作り上げていく。
花もインテリアの一部としてその空間にうまく取り入れる、
そんなメッセージがドナルド氏のディスプレイから感じられた。

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑ 
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
posted by 麻生 さとみ at 07:23| Comment(7) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

表参道に春が来た! 〜チューリップ

                     皆さんの応援、嬉しいです。<ブログランキング>

昨日の昼はとっても穏やかで暖かく、
誰かと一緒に海にでも行きたくなるような一日でした。

そんななか、表参道・新潟館で
『TU!LIP  KISS』 from NIIGATA
というチューリップのイベントが2/3〜2/5まで行われています。

デザイナー8人のオブジェ的なディスプレイとデモンストレーション
さらにチューリップの販売がされています。

2-4-1.jpg

上の写真はチューリップのティアラとブーケ
モデルは笑顔がとってもかわいい『奥田綾乃』さん
ブログに載せることを気持ちよくOKしてくれました。
ありがとう!!

2-4-2.jpg  2-4-3.jpg

溢れるように飾られた、チューリップ。
でも、チューリップだから包まれているようによい心地。

8人のデザイナーのディスプレイはそれぞれ。
8人の春はこんなにも違うんだって、一目瞭然。
お出かけするときはカメラを忘れないでくださいね。


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑ 
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
posted by 麻生 さとみ at 01:49| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

ローズマイスター 〜バラ職人を訪ねて

                     皆さんの応援、嬉しいです。<ブログランキング>

一昨日、神奈川県平塚市にあるバラ職人のバラ園に行ってきました。

バラ職人の名前は浜田氏。
花業界では有名なバラのマイスター

写真家・秋山庄太郎氏の写真集『薔薇よ!』の(←ここをクリックで秋山氏の紹介)
表紙を飾ったのは、この浜田氏の作るバラです。

こちらが、そのバラを作った温室の様子。

2-3-1.jpg

バラの作り方は、それぞれつくる人のこだわりで違ってきます。
ここではバラの木が高いことに驚きます。
木丈は2.5m以上も!

2-3-21.jpg   2-3-31.jpg

小さなつぼみが、だんだんと大きな花へ
バラを作る基本は土と水と太陽
右下の写真、なんだかわかりますか?
これはミミズの糞なんです!
やがて、有機質(天然の肥料)に変ります。

2-3-4.jpg   2-3-5.jpg

浜田氏のバラは一言でいえば
『色気のあるバラ』
しなやかで強くて艶がある。そんなバラです。

浜田氏の印象的な言葉
「私たちは、バラを作っているのではない。
バラが美しく育つ、お手伝いをしているんだ。
太陽や土には勝てないんだよ。」


謙虚な気持ちがバラの気持ちが読める秘訣なのかもしれませんね。

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑ 
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
 
posted by 麻生 さとみ at 02:22| Comment(7) | TrackBack(1) | 花を生産する人、する事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

春は花を身につけて♪

                     皆さんの応援、嬉しいです。<ブログランキング>


昨日は、バラ職人の浜田氏のところへ行ってきました。
というわけで、その写真を紹介しようと思いましたが・・・
カメラを友達の車に忘れてしまった事にさっき気がつきました。
ショックです ***

気を取り直して、今日は花のモチーフの春グッツを紹介します。
街を歩いていると、花をモチーフにした洋服やバックがたくさんあふれています。

2-2-1.jpg

やっぱり、花ってみんなに愛されているんだなぁ!!って
嬉しくなります。

2-2-31.jpg   2-2-2.jpg

私は花のモチーフのもの・・・持ってない!!
しかも、大胆なものはちょっと恥ずかしいかも?!

みなさんは花のモチーフの洋服やバックを持っていますか??

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑ 
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
 
posted by 麻生 さとみ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 街の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

キャンドルの光に包まれて 〜サンダーソニア

                     皆さんの応援、嬉しいです。<ブログランキング>

こんにちは、さとみです。

キャンドルの光は不思議です。
季節によって照らすものの見え方を変えてしまうと思うのです。


2-1-1.jpg


春は軽やかに・・・

夏は涼しげに・・・

秋は趣を深め・・・

冬は暖かく・・・


ガラスの花器に水、そしてサンダーソニアとグリーン。
冬には寒々しいアレンジですが・・・

2-1-2.jpg  2-1-0.jpg

キャンドルの光が温か味のあるアレンジに変えてくれました。


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑ 
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
 
posted by 麻生 さとみ at 00:06| Comment(4) | TrackBack(1) | アレンジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。