2006年03月12日

花も野菜も

                      今日もありがとうございます<ブログランキング>

昨日は福岡の産地から、新鮮!春の草花が届きました。
さっそく春の草花で遊んでみました♪

草花はそのままふんわりと草原に咲いているように飾ってもかわいいですが、
今日はブロッコリーをオアシス代わりにしてみました。
ブロコッリーは家の冷蔵庫にあったものです。これがお花を止めるのに便利。
その他、家のミントも足して香りもプラス+++

3-12-1.jpg
『ケール』・・そうです。青汁の主成分野菜のケールも一緒に送られてきました。
この子がとってもかわいいのでアレンジには使いませんでしたが、
足元に置かせてもらいました〜。

大きいタンポポのようなものは『イエローサルタン』。
ギザギザの花びらとハッとするような明るい黄色が春にピッタリ。

3-12-31.jpg

3-12-2.jpg


花も野菜もかわいいものは何でも使ってしまいましょう!
お花をアレンジするときには冷蔵庫のチェックも忘れずに!!

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
posted by 麻生 さとみ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | アレンジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

大好き!ラナンキュラス

                      今日もありがとうございます<ブログランキング>

昨日は寒かった横浜も今日は一転。暖かくなりました。

2月に長野のラナキュラス産地に行ったときも暖かい日でした。
今日は、世界の5本の指に入るという品質のラナンキュラスの産地を紹介します。

3-11-1.jpg

ラナンキュラスの温室は色とりどりで、心も弾みます。
この光景を見たら、誰でもが笑顔になりますよ!!

3-11-21.jpg  3-11-31.jpg

ラナンキュラスは柔らかい透明感のある花びらと、何十枚(ひょっとしたら100枚以上?)もの花びらが魅力の花。近年は品種改良が進み、色のバリエーションも豊富。花びらの形もギザギザのものさらには香りのあるものまで!!香りはないと思ってたのでこれには私もびっくり。

そして、直径20cm(相当大きいです)はありそうな大輪のローヌシリーズのラナンキュラス見てきました。これは、どうしようかと思うくらい素敵!!ラナンキュラスのイメージが変りました。このローヌシリーズは世界中で一日に1000本しか出荷されていないそうです。

3-11-4.jpg

こんな素敵なラナンキュラスをつくっているのは上条信太郎さん。とても熱く花作りについて語ってくれました。

最後に、ラナンキュラスをお花屋さんで買う時の注意点を・・・
ラナンキュラスを買うときは、首が太くてしっかり硬そうなものを選んでください。そして、少し色が出ているものを!!なぜかと言うと、ラナンキュラスのつぼみは咲きません。ある程度咲き始めないと茎も太くならないのです。茎が太いものは多少咲いているように見えるかもしれませんが、その後2〜3倍に大きくなるものなのです。
他の花にもいえることですが、『つぼみ ≠ 持ちがいい』 つまりつぼみのを買えば長く楽しめるわけではないのです。ちょっとややこしいことを入ってしまったかもしれませんね。このことはまた説明します。

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!

  

posted by 麻生 さとみ at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 花を生産する人、する事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

一番嬉しいとき

                      今日もありがとうございます<ブログランキング>

今日の横浜は、冷たい雨です。
三寒四温とはよく言ったものです。


今日は私の自慢話?です。
先日、恵比寿のフルリスト・ヴォルフィーさんへお伺いしました。
帰るとき、友達と私は思いがけずブーケを頂いてしまったのです。

「嬉しい〜!!」
ありきたりかもしれないけれど、これのみが本当の気持ち♪♪

3-9-1.jpg

その花束を持って電車に乗ったのですが、そのあいだずっと花を見てました。
「みんな見て見て」って密かに思いながら・・

3-9-3.jpg     3-9-41.jpg

さっそく家で飾ってみました。
生け方も迷ってしまい、二通り試してみました。

3-9-2.jpg

結局は、花が散った後の桜の葉と一緒に、空間のある生け方で楽しむことに。

今も楽しんでいますが、
もらったときに程よく緩んだバラ、ぱっと咲いた八重のアネモネなど
その時の花の表情が今も忘れられません。
プレゼントされて見る花は格別。そして、プレゼントされた時が最も嬉しいときですね。

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!

posted by 麻生 さとみ at 18:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

ハート型の植物

                      今日もありがとうございます<ブログランキング>

もうすぐホワイトデーですね。
今日は、そのホワイトデーにちなんでユニークなハート型の植物を紹介します。

最初はハートのユーカリ。愛媛県南部の柑橘農家さんが中心になり生産しています。
ユーカリ研究会を発足し、ユーカリの生産に力を注いでいます。
(この地区の様々な農業活動がこちらから見られます。)

右は『プリティハート』、  左は『プチハート』 
申しわけありません。逆でした。
右が『プチハート』、  左が『プリティハート』     

3-8-4.jpg  3-8-1.jpg 

こんなハートの葉をホワイトデーや結婚の御祝いのアレンジにちょっと入れたら、
喜ばれること間違いなし!! 私も使ってみたいです。


もうひとつおなじみの『ハート型のホヤ』
雑貨屋さんなどでもよく見かけます。

3-8-31.jpg

そのハートホヤにポスカで絵やメッセージを書いたりするしてプレゼントにしては?
何かちょっとした一工夫、大事ですね。 

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!


posted by 麻生 さとみ at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 切花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

春を寄せて   

                      いつもありがとうございます<ブログランキング>

3月になり風の温度が暖くなりました。
暖かくなると、身につけたい色や気になる色が変ってきますね。
春には春らしい、ふんわりと柔らかくそしてすがすがしい色を自然と求めてしまいます。


今日、紹介するのはフローラルデザイナー、落合惠美さんの春をキュッと寄せたブーケ
やアレンジメントです。落合さんは花のアトリエ「ブランディーユ」を主宰されています。
(アトリエの紹介はこちらをクリック→ブランディーユ

oti1.jpg
そんな落合さんのつくるお花は
ナチュラルなのにエレガント

すっきりとした白の中には黄色やグリーンを少し入れたり・・

あざやかなピンクには柔らかくなる
グリーンのアイビーや青リンゴを添えて

柔らかいピンクのブーケには
シルバーホワイトの葉をあしらえて



ot3.jpg  oti3.jpg  

どれも春がぎゅっと寄せられている素敵なブーケやアレンジメント。
卒業のお祝いや新しい門出のお祝いに、こんな春を贈るのも素敵ですね。


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
posted by 麻生 さとみ at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | フラワーアーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

バラの表情 Part2

                      いつもありがとうございます<ブログランキング>

バラって一言に言ってもそれぞれ。

花びらの艶・・・
   花びらの透明感・・・
      花びらのほころび方・・・

3-0-3.jpg  3-0-1.jpg
 
全然違うんですよ。

花の表情を楽しむってすごく優雅で幸せな時間です。

3-0-2.jpg

今日のバラは『花笑み時』でお馴染みの浜田バラ園のバラです。
以前紹介したローズマイスターの浜田義雄氏のお兄様の浜田光男氏から次のような
素敵なメッセージを頂いていました。

さとみ様 バラを作り始めたのはs39年ですが、その頃はバラの文献や資料もなく、手探り状態でした。父の体が弱かったため、人の健康と、バラの健康、その共通点はなんだろう、いつも考えるようになっていきました。人は快食快眠快便であれば健康は維持される、バラにあてはめたらどうなるか。私のバラ作りはどこに問題があるのかがバラ研究の出発点でした。
Posted by 浜田光男 at 2006年02月26日 20:30

バラを作ることには浜田氏にとって人を育てるのと同じなのがわかりますね。
とてもいいお言葉です。


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!





posted by 麻生 さとみ at 09:34| Comment(4) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

花の表情  〜アンブリッチローズ

                      今日もありがとうございます<ブログランキング>

お花の表情って考えたことありますか??
たとえば、胡蝶蘭やサンダーソニアやガーベラはお花屋さんで買ってきてから
その後それほど変化はないですね。
一方、百合や芍薬やバラなどの花は、だんだん開いて買ってきたときとは別の
花になっていますね。

3-6-4.jpg今日はその変化を楽しむ花のうち、

バラの『アンブリッチローズ』を紹介します。

バラは種類によって咲き方も咲いた表情も違います。


この『アンブリッチローズ』の咲き方は外側の花びらが
先に開きます。
そのあと残りの花びらは中央に何かを包み込んでいるよ
うにフワッとふくらんできます。
“開く”というよりは“ふくらむ”という感じです。



咲いた写真を先にお見せしましたが、
実は咲き始めは下の写真のようにとっても小さなつぼみでした。
それが、このようなバラに変身したのです。

3-6-3.jpg  3-6-11.jpg

同じ種類であっても、咲き方がいろいろです。
お花を買うときに、つぼみの状態だけでなく、
その後の咲き方がお花屋さんでわかるともっと楽しいですね。


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
posted by 麻生 さとみ at 14:07| Comment(4) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

花の香りを素敵に贈る

                      今日もありがとうございます<ブログランキング>

お花を楽しむには人それぞれ。
そして、きれいな花を長く楽しみたい!!って思うことも多いですね。

先日、長くお花を楽しめる押し花を教えていただきました。
材料は小さい花や葉のひとかけらなど、お庭で咲くお花でも十分。

押し花って、子供の頃やりましたよね?!電話帳や新聞紙をつかって・・
出来たらおしまいだったような・・・

3-5-1.jpg

でも、最近の押し花は違うんですね。押し花にしてあるものをさらに葉書にしたり、
ガラスの中にいれたりと、そこからまた楽しみが広がるのです。

今回は先生があらかじめ花を押してくれていて、それを葉書にするというもの。
私が一目ぼれしたのは、『イチゴ』です。

生花ではちょっとない花材だし、やっぱりかわいい♪
しかも、イチゴジャムのようなあま〜い香りが残ってるんです。
花の香りを素敵に贈る葉書です。

3-5-3.jpg

自分の好みでデザインしたら、薄い紙を乗せ、パウチします。
そして、ロウを塗り艶を出してもう一度パウチして完成!!

これは、見るよりも実際にやってみるほうがダンゼンおもしろい!!
特に、小さい子供におススメ。
デザインと一緒に植物の花や、葉や実など植生を楽しみながら学べます。

3-5-2.jpg  

ラベンダーも香りが残っています。
こんな葉書の便りをもらったら嬉しいですね。

今回の押し花、色があざやかに残っていますよね。
しっかりと水分の飛ばすことがコツですよ!!って先生からアドバイスを頂きました。
な〜るほど!!
ちなみに、きれいに押し花を作れるセットは手芸店やホームセンターなどで手に入ります。

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
posted by 麻生 さとみ at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

これも蘭?!  〜コブラオーキッド

                      今日もありがとうございます<ブログランキング>

先日、東京ドームで行われてた世界蘭展。
その中から、ちょっと変った蘭『コブラオーキッド』を紹介します。

3-4-1.jpg    3-4-3.jpg

上の写真は一見蘭には見えないこの植物ですが、
『メガクリニウム・パープレオラキス』というアフリカ原産の珍奇種の蘭。

薄く平らな形のバルブ(茎)の中央の小さな粒が花なのです!!
この奇妙な形が『コブラオーキッド』と呼ばれる由来です。

野生のコブラオーキッドを見たらコブラと間違えて逃げてしまうかもしれませんね!!

3-4-2.jpg
次の蘭は
『ジゴベタラム レッドベイル プリティーアン』

あざやかな紫色と計ったように整った花形。
直径8cmぐらいの大きさの花です。

たまに、花屋さんで見かけますが、
はじめてみたときは蘭なの??って思いました。

いろいろな蘭があるものですね。
それだけ世界にはいろいろな環境がある
ということなのでしょうか?


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!
posted by 麻生 さとみ at 18:05| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

きれいですね!の一言を

                      今日もありがとうございます<ブログランキング>

街を歩いていると様々なショップの花壇にお花が植えられて、
公園のお花よりも一足早く春が訪れています。
花のお手入れが行き届いているお店には自然と足が向いてしまう私です。

3-3-1.jpg

入ってみると、やはりお客様への気配り、商品への愛情が違います。
そんな店には、魅力あるものがたくさん♪♪

3-3-3.jpg    3-3-6.jpg

そして、お買い物したらレジで
お花きれいですね!って一言お礼を言います。
私も店員さんも笑顔!!

とても気持ちのいいお買い物が出来ますよ。


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!


posted by 麻生 さとみ at 14:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 街の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ティタテイトでアレンジ 〜発泡スチロールの容器で

                      いつもありがとうございます<ブログランキング>

この時期お花屋さんの人気商品に水仙のティタテイトがあります。
ほんとかわいくて、毎年人気です。
鉢植えで約500円前後でしょうか??
つぼみがニョキニョキとそだっていき、花が咲くまでかなり長く楽しめます。

3-2-0.jpg

今日はひな祭りということでそのティタテイトを使ったアレンジメントです。
おはぎなど和菓子が入っている発泡スチロールのような入れ物(フタ付き)が
オアシスと器代わりになります!!

3-2-1.jpg 3-2-3.jpg

@和菓子の入れ物の中にアルミホイルなど水漏れ防止のものを敷き水を入れましょう。
A フタを閉じ、ずれないように輪ゴムなどで止めます。
B容器の側面はリボンや折り紙などを貼って器らしく
Cアイビーなどお庭にあるグリーンの葉でフタを隠しましょう
 このとき発泡スチロールにボールペンなど先がとがったものでフタに穴をあけます。
 これがオアシス代わりになります。
 開ける穴は、茎よりも小さめにするのがコツです。大きいと葉や枝が固定できず、フラフラしてしまいます。

3-2-4.jpg 3-2-5.jpg

D好きなようにお花をアレンジして完成!!

私は足元にチューリップを乾燥させたもの、石、茶色のボールを置いてみました。
これは、自然界の石や土、落ち葉を表しています。

3-2-61.jpg

お雛様に飾るとこんな感じです。
花瓶もオアシスも要らないアレンジメントでした。

黄色は明るくていいですね。


そうそう、ティタテイトおススメです♪♪


ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!




posted by 麻生 さとみ at 14:44| Comment(6) | TrackBack(0) | アレンジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

ひな祭り

                      いつもありがとうございます<ブログランキング>

3月になりました。
そう後2日でひな祭り、ひな祭りと言えば桃ですね。

桃は、実はバラ科の落葉高木(葉が落ちる背丈が高い木)
観賞用の花桃と果実用の桃があります。
原産は中国で、桃は鬼や悪霊をやっつける木と考えられてきました。

3-1-3.jpg

今日は、桃を詠んだ歌を紹介しましょう。


 “向かつ峰に 
    立てる桃の木ならめやと 
      人ぞささやく 汝が心ゆめ”
 
意味は
向こうに見える山の桃の木には実がならない
と人が言っている。そんなことに、あなたの
心を惑わせてはいけないですよ。


ここで実がなるとは、恋が実ると言う意味だそうです。
桃の実は恋に例えられることが多かったようです。
うなづけますね。

3-1-1.jpg     3-1-2.jpg


3-1-41.jpgところで、
我が家の桃ちゃんのパートナーは菜の花君です。

皆さんの家の桃のパートナーは??

ここをクリック ありがとうございます  人気blogranking    トップに戻る
↑ ↑ ↑
1日1クリック、応援よろしくお願いします!!



posted by 麻生 さとみ at 19:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。