2006年07月12日

ローズマイスター  〜市川バラ園〜

応援お願いします♪<ブログランキングへ>


7-11-5.jpg

今日の写真は静岡県三島市の市川バラ園さんの温室のバラです。
市川バラ園の市川さんはまさにローズマイスターと呼ぶにふさわしい人。

ローズマイスター(バラ職人)といってもいろいろなタイプの方がいます。
柔らかいしなやかなバラを作る人、まっすぐなバラを作る人、
一日でも長く楽しめるバラを作る人、色の発色にこだわって作る人・・・

バラは人間と同じように全て完璧ということはありえませんし
見る人の好みやTPOで美しさの価値も違ってきます。
ですから、作る人の価値観でどれか長所を思いっきり伸ばしてあげるのです。

7-11-4.jpg  7-11-2.jpg

そして、新しいバラを生み出す人を育種家といいます。
生産者とは、すでにある品種を商品として生産する人ですが、
育種家とは今ない品種を作り出す人のことを言います。

そして、バラの育種家の中でも、園芸用のバラと切花用のバラを作る人で
違います。切花品種はある程度の日持ちや傷が付きにくいなど商品化の
条件が多く、美しいだけでは認められない難しさがあります。

花笑み時でも人気だった『ホワイトチャップリン』はせっかく美しいのに
商品化できない品種でした。(以前の記事・・・

7-11-1.jpg  7-11-3.jpg

市川バラ園の市川さんは自分が美しいと感じる
切花用のバラを自ら育種し、そして生産をしています。
市川さんの創るバラは、個性的な形、個性的な色のものが多くあります。

そして、市川さんの好きなバラは柔らかい花びらのしなるような茎を持った
香りのあるものです。女性のようなバラです。

今年の10月には新しい品種を発表するそうです。
何か、今までとは全く違うコンセプトのバラが出来る予感です。


ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
ごめんなさい。またランキングが1つ落ちてしまいました。。。またがんばります!!




posted by 麻生 さとみ at 10:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 花を生産する人、する事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする