2006年08月19日

美意識 修行中・・・

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

8-19-1.jpg

『どんな野の花も見ようによっては美しい。美しいか美しくないかは、
対象に接する人間の問題、つまり美意識であり、花そのものの問題ではない』
この言葉は東京大学教授の大場秀章著の『バラの誕生』に書いてあった。

いつも感じていたことですが、その説得力ある言葉にずっしりと意味を感じた。

8-19-2.jpg  8-19-3.jpg 

色があせ、枯れた部分の茶色味をどう感じるでしょうか?

美意識は強制できないものだけど、誰かに言われて気付くことも多い。
私自身、花との出会いがお花の仕事を通じてだったので、商品性ということが
自分の美意識に制限を持たせていた。丈夫なもの、長持ちしそうなもの、傷が付いていないもの・・・確かにこれは無難だ。でも、それだけが美しいものではなかった。今もいろいろな人に教えてもらっている。


8-19-4.jpg  8-19-5.jpg

虫に食べられたクローバーとクレマチスの実

美しいと感じられる心が大切だとただいま修行中です(笑)


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 08:24| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。