2006年09月17日

日本の花、仲秋の花

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>


9-4-0.jpg


誰でもよく知っている『オシロイバナ』
夏から秋にかけて咲いている。小さいころ花を逆さにして、落下傘にしたり、黒い種を割ると出てくる白い粉で遊んだりした思い出があります。

9-4-2.jpg  9-4-3.jpg


このオシロイバナは実はメキシコ原産の花で、日本に来たのは江戸時代だそうです。オシロイバナには夕化粧、白粉草、おしろい、金化粧など多くの別名があり、これらはすべて、仲秋の季語になっています。仲秋とは陰暦で8月、つまり今でいう9月にあたります。そして、歴史が浅いにも関わらず、いかに日本人に親しまれたのかが分かります。

9-4-1.jpg  9-4-4.jpg


このオシロイバナはある通りに植えられていたのですが、どなたかがちゃんとお世話をしていらっしゃるようです。
素朴なオシロイバナ。
日本の花として仲秋の花として、大事にしたい花です。

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。