2006年05月30日

ホワイトチャップリン

いつもありがとうございます<ブログランキングへ>


以前紹介した『ホワイトチャップリン』ブログやメールで数件お問い合わせがありました。遅くなりましたが詳細の報告です。

4-30-4.jpg


『ホワイトチャップリン』は切花用として、静岡県菊川市の永井ローズさんが独自に改良した生まれたてのバラです。

ということで、ネットで検索しても本を調べても載っていないのです。

このとがった花びら、すご〜く珍しいですよね!!
右上の一輪の横顔、さんかく花びらが重なっているのが分かるでしょうか??
私自身、素敵〜☆これちょっと違う!とすぐに写真を撮ったバラです。

ただ、残念のことに花びらに茶色いシミがすぐに出てしまうので市販は見送ることになるかもしれないとの事です。再度改良して見せてほしいですね。

やはり、一瞬きれいなだけでは商品にはならない。
美しさと強さをあわせもった者だけがデビューできるのですね。

う〜ん厳しいですね。


1日1クリック、お願いします!
ランキング参加中です♪

   ↑ ↑ ↑
クリックすると花笑み時にポイントが入ります。
応援嬉しいです。


「日本ばら切花品評会レポート」ハマテレビ 花笑み時シリーズ 
で動画配信してます。


posted by 麻生 さとみ at 00:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 花を生産する人、する事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
本当に美しい花ですね。絵になりそうです!
そうですか、販売してないんですね。
薔薇の品種改良は大変ですね。
私なんか、育てるだけでも四苦八苦!
販売される日を楽しみにしています。

あら、静岡県、同県ですわ!!
おお!頑張っていただきたいものです。

新聞に、どこぞやの企業の研究所が、
青い薔薇開発に成功の記事を拝見しました。
浜松の花博の青い薔薇は薄紫だったけど
新聞の写真は見事な青色でした。
こちらの販売も楽しみです。
Posted by mito at 2006年05月30日 01:44
さとみさん、はじめまして!
いつも、キレイなお花のお写真を見て楽しませていただいています。
今日のバラも、とってもキレイなのに商品にはならないなんて・・・。
また、お邪魔させてもらいますね。
ブログランキングもぽちっ☆ってして帰ります。
Posted by kobezuki at 2006年05月30日 07:07
三角花びらがヒラヒラしていて、とっても素敵なバラなのに市販されないなんて残念!
花屋さんに並ぶ日を楽しみに待ちたいと思います。
Posted by のり at 2006年05月30日 19:03
mitoさま
こんにちは、この特徴あるホワイトチャップリンmitoさんに描いてもらったらさら美しさを引き出してもらえそうですね。

静岡はバラの生産が盛んなところですね。お茶とバラの静岡ギフトセットなんていかがでしょうか?

話がそれましたが、青いバラも楽しみですね。
byさとみ


kobezukiさま
はじめまして、コメントとても嬉しいです。しかもいつも見て下さっているとの事!クリックも♪♪♪
私はずっとお花屋さんで働いていましたが、生産のことについてはあまり知りませんでした。こうやっていろいろな影の苦労を聞くことが出来ると、いっそう花が美しく感じるんですよね。
また、コメントお待ちしております。
byさとみ

のりさん
コメントありがとうございます。
のりさんのコメントできっと永井ローズさんはホワイトチャップリンを生まれ変わらせてくれるはずです。わたしものりさんと一緒に待ちます。
Posted by さとみ at 2006年05月31日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック