2006年06月13日

初登場〜♪

皆さんのワンクリック楽しみにしてます♪<ブログランキングへ>


6-15-3.jpg

フレッシュ感とナチュラル感があるグレープ色のバラ
花には思い出があったりして、ずっとこのままであってほしい!
なんて思ったりします。無理ですかね?

6-14-11.jpg  6-14-21.jpg

でもこのばらはそんな願いをかなえてくれます。
実はこのバラ本物と間違えてしまいますが、ドライにしたバラです。
そう、花笑み時初登場の『プリザーブドフラワー』

プリザーブドフラワーは、人体に無害のオーガニック色素で花を着色し
ドライ加工をします。なので、色が抜けた、あせたという印象はなく、
フレッシュでいきいきしています。

これなら、思い出に残せますね。


1日1クリック、お願いします!
ランキング参加中です♪

   ↑ ↑ ↑
クリックすると花笑み時にポイントが入ります。

posted by 麻生 さとみ at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
ほんと、色が抜けたって感じがまったくしませんね。
これなら、いつまでも美しいお花を楽しめますね。
技術の向上ってすごいですね。
ランキングぽちっ☆っと。
Posted by kobezuki at 2006年06月14日 09:08
kobezukiさま
コメント、そしてクリックありがとうございます♪プリザーブドフラワーを始めて見たときは、この色すごい!ドライとは思えないってびっくりしました。その頃はバラぐらいしかなかったのですが、いまや様々な植物や花でもプリザーブドになっているんですよ♪いろんなところのディスプレイに使われたりしてますので、見つけてみてくださいね。
Posted by さとみ at 2006年06月15日 00:39
こんばんは。
プリザーブドフラワー。まだ手にしたことはありませんが、前から気なっていました。
お花は枯れてしまう時が来るとわかっていますが、強く思い入れがあったり、
思い出のあるものの場合、形として残ってくれるのも夢がありますね☆
Posted by at 2006年06月15日 00:39
蓮さま
こんばんはプリザーブドフラワーは人工的な色も自然に近い色も両方あります。店で売っていたときは生の花と間違える人が結構いました。
お花は枯れるからいい気もしますが、残したいという願望や夢がありますね。
Posted by さとみ at 2006年06月15日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。