2006年07月19日

100年咲く花

皆さんに感謝です♪<ブログランキングへ>


7-19-1.jpg

輝かしく、柔らかにガラスの上でもう100年近く咲いている一輪のトケイソウを見た。

mainimage.jpg

東京の話題になってしまうが、渋谷のBunkamuraで『エミール・ガレとドーム兄弟展』が開催されている(2006年7月8日〜8月27日)。19世紀後半から20世紀初頭にかけてのフランスエミール地方の花様式を取り入れた美術工芸品を中心に展示されている。

そのトケイソウがモチーフになっているガラス花器はフランスからロシアへの外交的な贈り物としてエミール・ガレによって作られたもの。トケイソウ・・雌しべは槌、雄しべは釘を連想させることから、十字架に貼り付けられたキリストの苦しみを表すそうだ。
その作品はこちらから見れます。


7-19-2.jpg  7-19-3.jpg

そのほかにも、花が取り入れられている作品が多い。アイリス、ベコニア、矢車菊、シダなど。中でも印象に残っているのは写真左側のケマンソウを描いた絵画。私は大好きな花だけど、日本では園芸好きの人にしか知られていない花だからちょっと嬉しかったりもして♪そして、やはり一番多かったのはバラの花である。上の右側のバラは日本の原種『ハマナス』だが、当時のガラス花器にも現代バラではなく、このような素朴で可憐な原種系のバラが多く描かれていた。

花を通して時代や地域を越えて19世紀後半のエミールの美術工芸作家たちに親近感が湧き嬉しくなってしましました。短い命の花が時を越えて人々を結びつける。。。

皆さんの庭に咲く花がガラスのモチーフになっているかもしれませんね。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
昨日もたくさん応援してもらって嬉しいです。今日もネタ探してきます♪


トップに戻る


posted by 麻生 さとみ at 09:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トケイソウって名前は絶妙ですね!見たまんま時計っぽいし。こんな花もあるんですね。なんで花びらがこんな絵で描いたような配色になってんでしょうか?自然てのはホント不思議です。でもこういうシャレの効いた花って日本産ぽくないですね、外国産ですか?
Posted by 高岡 at 2006年07月19日 11:11
こんばんは。
花をモチーフにした物って多いですね。自分の身の周りを見てみても花模様、多いです。
生きている花はいずれ枯れてしまう。でも、何かに描くことで時を越えて生き続けるという考え、素敵ですね♪
Posted by at 2006年07月20日 00:30
高岡様
おはようございます。時計草は別名パッションフラワーともいいます。パッションフルーツは聞いたことがあるのではないでしょうか?果物と係争のことです。高岡さんの鋭い勘、当ってますよ!原産はブラジルです。ほんと、不思議な形ですよね。自然の力は計り知れませんね。
by さとみ

蓮様
花は、はるか昔から人のこことを安らかにするものだったことが歴史的なものから伺えます。なくなるものを描く、素敵ですね。花は短い命だからこそまた、人々をひきつけるのでしょうね。ないもの手に入らないもの完璧でないもの・・魅力があります。
Posted by さとみ at 2006年07月20日 09:50
お写真のトケイソウは、我が家の庭に咲いているのと同じ種類です。
とっても甘ーーい匂いがするんですよね〜
園芸店で初めて見て、造花だと思ったほど発色がよくて、熱帯を想像しました。
楽しい形で咲くこの花を速攻で購入。
寒くて育つかどうか心配したんですが
毎年たくさんの花が咲き、糸杉の垣根を覆うほど元気です。
たった、5cmほどの蔓を残した棒状態になっても、次の年しっかり新芽が出て驚きました。
以前、描いてみたら・・・グロテスク〜になったので途中で断念しましたが、ガレの作品を見て、また挑戦したくなりました。
Posted by 永月水人 at 2006年07月20日 20:03
永月水人さま
おはようございます。トケイソウ、本当に不思議な形ですね。でも、ふっと自然界を見ると、こんな不思議な形はたくさんあり、自然界には私たちの想像力よりもはるかに創造力があることに気がつきます。
時計草は以前大ブレークしたと母親が行っていましたが、若い人にとっては逆に新鮮な花のようですね。また、トケイソウの絵楽しみにしております。
Posted by さとみ at 2006年07月21日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック