2006年11月05日

三輪さんのバラ園を訪ねて

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

11-5-1.jpg

ピンクのイングリッシュローズ。
『薔薇の秘密』展を開催する前に、三輪さんのバラ園を訪ねたときの写真です。

さて、イングリッシュローズという名前ですが、
聞いたことはあるけれど、いったい何のことか分からない方が多いようです。
世界中のバラ愛好家を魅了してやまない、イングリッシュローズとは・・・
「イギリスの育種家(新しい品種を作り出す人)デヴィットCHオースティンが
オールドローズとモダンローズを交配した品種の総称です。」

イングリッシュローズの特徴は、ふんわりとしたやさしい花びら。
そして、なんともいえない甘く、やさしい香りです。

11-5-5.jpg

そんなイングリッシュローズを世界に先駆けて、切花用として
生産し始めたのが、バラ職人の三輪真太郎氏です。
三輪さんをはじめとしたバラ職人さんのおかげで、
こんな繊細で可憐なバラを育てなくても見ることが出来るようになりました。

一番右は三輪さんのお父様です。このバラ園を始めた方です。
「きれいでしょ」って、ニコニコ温室の中を案内してくれました。

11-5-2.jpg 11-5-3.jpg

こちらは三輪さんの試験場とでも言うのでしょうか?
自然に近い状態にして、バラ本来の性質を調べている所です。
ローズヒップも出来始めていました。

11-5-4.jpg

遅い時間に行ったので、すっかり外は夕暮れです。
もう少しゆっくりと、イングリッシュローズを眺めていたかったです。

明日は、どんな花を届けてくれるのでしょうか?  



1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
今日もよろしくお願いします。
posted by 麻生 さとみ at 12:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 花を生産する人、する事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
麻生さん、先程はどうもです・・・。

三輪さんの農場、僕も行ってみたいです。行っていろんな話しをしてみたい。魅力的な方ですよね。
Posted by ワタナベ at 2006年11月06日 17:38
麻生様
いつも、花笑み時を楽しみに拝見しております。今回はじめてコメントさせていただきます。
先日の薔薇の秘密展、ありがとうございました。
三輪さんのイングリッシュローズを見て、これも薔薇なんだと、驚きました。いまはいろいろな薔薇があるのですね。また、麻生さんのおすすめの薔薇が見れるのを楽しみにしています。
本当にありがとうございました。
Posted by tonko at 2006年11月06日 18:08
ワタナベさま
お世話になります。とても助かりました。
三輪さん。いろいろな意味で、すごい方です。
機会があったら、ぜひいろいろとお話してみてください。
by さとみ


tonkoさま
いつも花笑み時を見ていただきありがとうございます。そして、薔薇展のご来場、ありがとうございます。ばらもいろいろありますね。今回のように好きなバラを見つけるのは嬉しいことですよね。お花屋さんでも見つけてみてくださいね。
by さとみ
Posted by さとみ at 2006年11月07日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26809588

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。