2007年05月10日

アジサイの水揚げ

いつも応援ありがとうございます↓↓
<ブログランキングへ>

070515-03.jpg

アジサイ、花は中心のポツンとした小さな点。
その周りの花びらに見える部分はガクです。知ってました??
最近人気なのはアジサイの切花。でも、水揚げが心配??
今日は、アジサイの上手な水揚げ方法の紹介です。

070515-02.jpg  070515-01.jpg


左側、アジサイがしおれています。(これはわざとですよ(笑))
この状態を花屋さんは“水が下がる”と言っています。しっかりと、処理をすれば長持ちするアジサイですが、アジサイはこんな状態になりやすいのです。

そこで・・・・

アジサイの処理
何通りかありますが、私が気に入っているやり方は
0.用意するも
  カッターナイフなど鋭く切れるもの・ミョウバン
  40度ぐらいのぬるま湯
1.茎をカッターで斜めに切り。中央の白い柔らかい部分をとります。
2.粉のミョウバンを切り口に塗って、すぐにお湯の中につけます。
これだけです。

この方法だと10日以上は持つはずです。(3月は暖房なしのお部屋で1ヶ月!)少し花びらにハリがなくなったら、もう一度繰り返してみてくださいね。
鉢植を切っても大丈夫ですよ!!




1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
ランキングも上がるとうれしいです♪
posted by 麻生 さとみ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 切花のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41388073

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。