2006年10月08日

ママはリフレッシュ♪♪

クリックで応援お願いします♪<ブログランキングへ>

10-8-1.jpg

小さいお子さんを持つお母さんのための施設でのフラワーレッスン。
このレッスンを企画した“さおりさん”のお手伝いをさせてもらいました。
(さおりさんのホームページ New York flowes 

お花を習いたくても習えない・・
小さな子供を持つお母さんのちょっとしたストレス。
子供連れだと、何をするにも制限がついてまわります。

10-8-42.jpg
最初はお花に興味津々の子供たちも、
そのうちにちょっと騒いだり、
泣いちゃったり・・・・

同じお母さん同士。
同じ境遇にいるから大丈夫!!



10-8-22.jpg

アレンジする間、抱っこをしてたり。

やっぱり大変。



でも、お母さんたちは皆「久々にお花に触れて楽しかった」「ママはリフレッシュしましたよ♪♪」って喜んでいました。

お花がもつのは数日。
その間、子供とお花の名前を覚えたり、水を足していったり。
そして、命があるものはやがて枯れてしまうということを知って、
命の大切さを感じていくのでしょうね。

私も勉強になりました。さおりさんありがとう!!

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
 

posted by 麻生 さとみ at 11:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

ガーベラファミリー 記念撮影♪♪

クリックで応援お願いします♪<ブログランキングへ>


10-6-1.jpg

ガーベラたくさん手元に届きました!!
同じところで育てられたので皆さんファミリーです。

せっかくなので、記念撮影を。。。
「そこのお父さん、ちょっと右に。」「そこのお嬢さんもうちょっと低く。」
皆さま、右を向いたり、左を向いたりで、整列させるのは一苦労でした。

10-6-3.jpg  10-6-5.jpg

まあまあ、いろいろな子がいて・・・
今度の私の仕事のパートナー。仲良くしてくださいね。



1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
 
posted by 麻生 さとみ at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

これが私の気持ちです。

クリックで応援お願いします♪<ブログランキングへ>

10-5-11.jpg

ついに、出来ました。
『薔薇の秘密』展のダイレクトメールです。

フリーカメラマンの青木倫紀氏、日本デザインセンターの大黒大悟氏。
フリーライターの吉田佳代さんと私の4人。
浜田バラ園を一通り見た直後に、カメラマンがパッと動いたのです。
そして、最初に撮ったのがこのハサミ。

10-5-4.jpg

上の写真は、バラの葉を撮っているところです。
咲いているバラの花は使わないというのが、私の注文。
なぜなら、バラって色だけでなく、形も咲き方も全く違うからです。

10-5-3.jpg

浜田バラ園の歴史を感じさせる、作業台。
そこには乾いたバラの棘と、葉。
時計の音だけがカチカチと聞こえる、午前の部屋での撮影でした。

いくつかのパターンを撮影しましたが、今回の私の想いを伝えられるのは、
迷いなく、このハサミとこの作業台。

これが今回の展覧会のコンセプトです。
日本人の感性で作られたバラと日本人の技をお見せします。
でも、楽しく!!(というのがいつもの私のコンセプト。)
どうぞ、お気軽にお出かけください。お待ちしております。

『薔薇の秘密』展 ホームページ 

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
 
posted by 麻生 さとみ at 05:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

箱根に咲く花

クリックで応援お願いします♪<ブログランキングへ>


10-3-1.jpg

箱根の仙石原湿原は、
2万8千年ほど昔に、神山の噴火によって出来上がった仙石原湖が
5千年ほど前に水位低下で湿原となったところです。
現在は、湿性花園があり、四季色とりどりの花が植えられています。
池に生えてるのはコウホネです。

10-3-2.jpg  10-3-5.jpg

湿原には、秋の七草のオミナエシ・ススキ・フジバカマに続き、
サワギキョウの青い花がとてもきれいに咲いていました。

10-3-3.jpg

湿原の中で、目立たないけどかわいらしい花を見つけました。
それは、星型の小さな花をつけるアケボノソウ。
この花はリンドウ科で、
星が残る曙の空に見立ててこの名前が付いたそうです。


10-3-4.jpg

その他にもシオンが青空に美しく映えていました。

もう箱根は秋の風が吹いていて、
これから仙石原の有名なススキが穂を伸ばすところです。
皆さんも是非足を運んでみてください。

by 古屋敷洋子


今回は、古屋敷さんの箱根リポートでした。
私も、お弁当を持って、箱根に行きたくなりました♪♪

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る


posted by 麻生 さとみ at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

何贈ろっ?! 花贈ろっ!!

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>


10-1-1.jpg

今日から、10月です。
温かみのある、色合や質感が心地よい季節となりました。
運動会、体育際、下旬からは文化祭や発表会など楽しい行事が待っています。
『ハローウィン』のお祭りも最近では一般化されて、友達同士や学校などで、
ずいぶん行なわれているようです。

10-1-21.jpg

なので、今日のおススメ花贈りは『おもちゃかぼちゃ』
オレンジ、しろ、グリーン・・・形も様々。
この季節、花屋さんでは人気商品になっています。

10-1-3.jpg

室内の日の当らない場所に飾っておけばそのまま、2ヶ月くらいは大丈夫。
また、中身をくりぬいて、お面を作ったり、アレンジの器にしたり、
楽しみ方はいろいろ。

今月は、ケーキの変わりにカボチャをラッピングして
お土産にしてみてはいかがでしょうか?
笑顔で話もはずみます♪♪


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る


posted by 麻生 さとみ at 08:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

秋をクローズアップ

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

9-24-2.jpg

秋分の日が過ぎ、いよいよ秋本番。
読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋と、秋は大忙しです。
花や実物も日本らしい秋のものがたくさん出てきました。

こちらは花びらが筒状になった『コスモス・シーシェル』

9-24-1.jpg   9-24-3.jpg

そして、カラフルで温かみのある質感が秋っぽい『ケイトウ』
光によってブロンズに輝く、『ススキ』

9-24-5.jpg  9-24-4.jpg

白と黄色のコントラスト、まぁるいつぼみがかわいい『秋明菊』。
食べてもよし!眺めてもよし!イガイガ坊主の『クリ』。

今日は見た目に楽しい秋をクローズアップしてみました。
芸術の秋も楽しめそうです。



1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 07:59| Comment(9) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

お花屋さんしました!!

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>


9-18-1.jpg

今日は久しぶりに花屋さんをしてしまいました。
10月の仕事のデザインをするために、ちょっと広い場所が必要だったので、生花店の作業場を借りました。デザインの提出期限が迫っている・・・そんな窒息しそうな中だったのです。

が・・・
今日は敬老の日。
覚えてはいたれど、天気も悪いのに、こんなに忙しくなるとは・・・
ここにいる以上は手伝わないわけにはいきません。

自分の仕事はそっちのけで、「いらっしゃいませ〜。」
「気をつけて、お持ち帰りください。」と久しぶりにお花屋さんしました。

毎日店頭に立っていた頃(一年半前)に比べれば、スピードは半分に落ちましたが、接客というか、コミュニケーションはその頃以上に楽しめました♪♪ 少しの間でしたが、元気になってしまいました。

今日は、私の小さな出来事でしたが、ブログに書きたかったのです。
私のお花屋さん体験と敬老の日の花贈りがたくさんあったこと、嬉しかったです。では、仕事に戻ります。

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

日本の花、仲秋の花

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>


9-4-0.jpg


誰でもよく知っている『オシロイバナ』
夏から秋にかけて咲いている。小さいころ花を逆さにして、落下傘にしたり、黒い種を割ると出てくる白い粉で遊んだりした思い出があります。

9-4-2.jpg  9-4-3.jpg


このオシロイバナは実はメキシコ原産の花で、日本に来たのは江戸時代だそうです。オシロイバナには夕化粧、白粉草、おしろい、金化粧など多くの別名があり、これらはすべて、仲秋の季語になっています。仲秋とは陰暦で8月、つまり今でいう9月にあたります。そして、歴史が浅いにも関わらず、いかに日本人に親しまれたのかが分かります。

9-4-1.jpg  9-4-4.jpg


このオシロイバナはある通りに植えられていたのですが、どなたかがちゃんとお世話をしていらっしゃるようです。
素朴なオシロイバナ。
日本の花として仲秋の花として、大事にしたい花です。

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

願いと花の関係  〜重陽の節句〜

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

9-10-10.jpg


桃の節句、端午の節句は誰でも知っている日ですが、今日、9月9日も節句であることを知っていますか?実は私も知らなかったのですが、JAふくおか八女でお花を担当している平井さんに教えてもらいました。

九月九日 は「重陽(ちょうよう)節句」、又は 「菊の節句」といい
不老長寿を願う日とされています。

節句は縁起のいい日とされ、古代中国から伝わったもので、
こよみに五節句(節供)があります。
一月七日 (人日じんじつ)  七草の節句 無病息災を願う
三月三日 (上巳じょうし)  ももの節句 女児の成長を願う
五月五日 (端午たんご)   菖蒲の節句 男児の成長を願う
七月七日 (七夕しちせき)  星祭り   技巧の向上を願う
九月九日 (重陽ちょうよう) 菊の節句  不老長寿を願う

9-10-12.jpg 9-10-11.jpg


人々の願いとともに、それぞれの季節を愛でる風雅の行事として取り込む文化。昔の人の心の豊かさを感じます。願いと花。。。素敵な関係ですね。

ということで・・
我が家でも今日は菊を見ながら長生きと健康を願いたいと思います。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 05:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

デビューはいつ?!

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

9-10-1.jpg

業務用のグラスメーカー木村硝子店のミルク入れ。
オーソドックスでどこにもありそうだけどあまりない。

もちろんこのミルク入れはミルク入れとして買ったのではなく、
花を挿してみたくて・・・

9-10-2.jpg

早く、花が飾りたい!!


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 01:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

花飾りの新アイテム

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

9-9-4.jpg

花を飾る時に、気にするものは花だけではなく、
花瓶だったり、その背景だったり、そばに置く小物だったりといろいろです。

そして、もう1つ。数年前から登場したのが、色つきのフローラルフォーム。
フローラルフォームは通称、オアシスと言われる、お花を挿す土台になっている緑のスポンジのようなもの。花のアレンジメントのバスケットなどに入っていますね。

9-9-12.jpg  9-9-31.jpg

縁の下力持ち的な存在で、見えてはいけなかったフローラルフォームを
デザインとして見せてしまおう!!という発想で出来ました。
さらに、粉のタイプもあり(右)うまく重ねて模様を作ることも出来ます。
まるで、フラワーパフェですね!!

9-9-2.jpg  9-9-5.jpg

その、色付きフローラルフォームを丸くしたり、四角くしたりして、
遊び心たっぷりに、そして実用的には花止めとして使っています。

お花を飾るときのもう1つのアイテムになりそうですね。
これなら、子供でも簡単にお花で遊べそうです。

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 10:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

職場に花

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>


9-3-4.jpg

職場に花って飾るのでしょうか??
オフィスで働いたことがないので分かりませんが、
あまり飾らないのでしょうね。

9-3-1.jpg 9-3-7.jpg

糸島(福岡県)の日本一のブバリアを頂いたので、
出先の事務所に飾ってみました。
いいじゃない!!



1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

早起きは3文の徳?いやもっと得!!

応援嬉しいです♪<ブログランキングへ>

8-31-1.jpg


はぁ〜、すごい!何で?!
蓮(ハス)に感動しました。京都の花市場を見た後、少し時間があったので、京都駅からすぐの『東寺』に足を運んでみましたその門のすぐ後ろに待っていたのはこの蓮

8-31-3.jpg 8-31-2.jpg


花市場でで見るそれとは全然別物。久しぶりに見た池の蓮に感動!!そんな感動でいっぱいになっている私の横で見ていたご婦人が「やっぱり、こんな遅い時間ではダメね!品がいまひとつだわ。」って一言・・・「え〜っ!!もっときれいなの?!」と心の中で叫んでしまいました。今回の撮影は午前11時。もっときれいなものが見れるなんて、早起きはするものだとなぁ。蓮について知識のない私はさっそくネットで調べてみました。(恥ずかしながら・・・)

8-31-4.jpg


 きっと常識的なことなのでしょうが、とりあえず蓮についてちょっとだけ・・蓮の花は朝早く開き午後3時頃には閉じてしまいます。花の開閉は3回繰り返し、4日目には花びらが散るそうです。色はピンクだけではなく白、白地にピンクの縁取りなどがあるようです。(鎌倉の鶴岡八幡宮のホームページに蓮の写真がありました。)
蓮で知っていることと言ったら、その根っこですね。蓮根は天ぷら、炒め物などにして大好き♪花より団子でしたが、今回で団子より花に変りました。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
ワンクリックお願いします♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 09:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ところ変われば、花変る

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

8-30-1.jpg

8-30-4.jpg午前5時50分、目的の花市場まで「あと少しみたい・・」。ろくに地図も持たずに大体この辺・・こんな野生の感でいつも行動をする私ですが、不思議と目的地にたどり着きます。

さて、今回は京都の花市場に行ってきました。花市場の名門です。老舗茶屋や花の家元、寺院など日本文化が数多く残る京都。そこの花、以前からとても興味がありました。その土地の花事情を知るのは花市場は欠かせない情報源です。

8-30-3.jpg

夏の花の少ない時期と言うこともありますが、やはり枝物が多いです。ほとんどの買参人(お花屋さん)は枝物を買っています。左の栗は東京でも見かけます。そして、真ん中ギョリュウは東京ではあまり見かけません。そして、何よりも出荷が多かったのがマンサク(一番右)。その他、日扇の実、ナナカマド、イガ茄子、オクラ(野菜)の枝・・・

8-30-21.jpg

そして、バラのチェック。セリ前の箱を開けて花びらのハリや発色、葉のツヤ、大きさのバランス、茎の太さや弾力性を見ます。箱には産地、生産者の名前なども書いてあります。同じ生産者さんであっても、1週間で花の品質ががらりと変ることがあるので、私は細かくチェックします。(私自身、買ってているわけではありませんが)

さて、京都では最近需要が多くなってきたが、東京ほど需要がないのがバラ。
家や店の雰囲気から考えると分かります。東京では床の間がなくなり、洋式の家や店がほとんど。枝物などは飾らず、バラや華やかな容姿の花に人気があります。花は生活環境・・住宅環境・・部屋のインテリアと深く関わっています。“ところ変われば、花変る”。。。なんでもないことのようですが、実感できて自分の中に何か残りました。京都観光よりもいいものが見つけられた気がします。でも、京都観光もしたかったな・・・

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る

posted by 麻生 さとみ at 13:04| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

砂浜にバラを咲かせた!!

応援嬉しいです♪<ブログランキングへ>

8-27-1.jpg

花と同じくらい・・もっと??好きなのが海。

8-27-2.jpg 8-27-51.jpg

海に入った後は髪の毛を乾かしながら砂浜でボーっとしている。
たとえば、砂で山を作ったり、生きた貝を砂に並べ、
どの貝が早く砂に入っていくか競争したり、貝殻を積み重ねたり。

8-27-3.jpg 8-27-4.jpg

今回はバラを咲かせて見ました。
蝶々も飛んできて♪♪
どうですか?

8-27-6.jpg

ちょっと自信作なのですが・・

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
海のバラにワンクリックお願いします♪


トップに戻る



posted by 麻生 さとみ at 10:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

横浜の歴史と共に

皆さんのワンクリック楽しみにしてます♪<ブログランキングへ>

8-26-21.jpg

以前にも紹介した元町に本店を置く洋食器店『TAKARADA』。
バラのモチーフの食器が数多くあり、いつ行っても「部屋に置いたら・・・」
「洗面所にもいいな」「母が喜びそう・・」などといろいろ想像してしまう。

8-26-1.jpg


通常の食器のシリーズ以外にも、身の回りに置けるグッズがたくさんある。デザインも替わることなく永く続いているので、時間をかけてじっくり揃えることが出来るのも嬉しい。

さて、横浜港が開港したのは1859年、外国からの船によって多くの物が日本に入ってきた。以来、電信、鉄橋、新聞、西洋公園など様々な物や文化が横浜から生まれ日本に広まって行ったのです。その中のひとつに、バラと洋食器も含まれています。『TAKARADA』もその歴史と共に歩んできたお店で、その味わい、奥深さがヒシヒシと伝わってくる。新しいショップが目まぐるしくオープンされているが、どんなにことをしても作れない歴史がバラにも『TAKARADA』にもある。バラが好きな私がこのお店が好きなのはここに理由があるのかもしれません。


1日1クリック、お願いします!
ランキング参加中です♪

   ↑ ↑ ↑
クリックすると花笑み時にポイントが入ります。


*** shop infomation **********
TAKARADA http://takarada.co.jp/
横浜市中区元町3-118
店長のブログ『優雅な生活を楽しむ』
posted by 麻生 さとみ at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

美意識 修行中・・・

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

8-19-1.jpg

『どんな野の花も見ようによっては美しい。美しいか美しくないかは、
対象に接する人間の問題、つまり美意識であり、花そのものの問題ではない』
この言葉は東京大学教授の大場秀章著の『バラの誕生』に書いてあった。

いつも感じていたことですが、その説得力ある言葉にずっしりと意味を感じた。

8-19-2.jpg  8-19-3.jpg 

色があせ、枯れた部分の茶色味をどう感じるでしょうか?

美意識は強制できないものだけど、誰かに言われて気付くことも多い。
私自身、花との出会いがお花の仕事を通じてだったので、商品性ということが
自分の美意識に制限を持たせていた。丈夫なもの、長持ちしそうなもの、傷が付いていないもの・・・確かにこれは無難だ。でも、それだけが美しいものではなかった。今もいろいろな人に教えてもらっている。


8-19-4.jpg  8-19-5.jpg

虫に食べられたクローバーとクレマチスの実

美しいと感じられる心が大切だとただいま修行中です(笑)


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 08:24| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

日本人でよかった♪

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

8-14-0.jpg

日本の夏の風物詩『花火』。花火とは『花』+『火』。
“夜空に咲く大輪の花”と言う表現はよく聞きます。
夏以外でも花を見て「花火みたい!!」って思うことがよくあります。

6-6-1.jpg

伊勢ナデシコの垂れ下がった花びらは、打揚げられたパッと咲いた後に尾を引く姿に似ていると思いませんか??
ちなみに花火大会の最後に打ち揚げられる金色のあの花火は
「錦カムロ(にしきかむろ)」というそうです。

8-10-2.jpg  6-6-3.jpg

麦なでしこは小さめの花がたくさん咲く花火を思い浮かべます。
矢車草を見ると、尾を引かずにパッ咲きその後潔く消えてしまう花火を
思い浮かべます。

花火は瞬間の美〜花火を世界で一番楽しめる日本人。
花も短い命〜花を感じる心も日本人が一番なのかなって。
日本人でよかった♪と花火を見ても花を見ても思います。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
今日は何位でしょうか??
posted by 麻生 さとみ at 10:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

訪れてしまう場所

応援クリックお願いします♪
<ブログランキングへ>

7-4-1.jpg

日本の夏には日本の庭が一番似合う気がします。
今日紹介するのは鎌倉の報国寺。通称竹寺と呼ばれているお寺。
一歩踏み入れた竹の庭は別世界が広がっています。

7-4-3.jpg  7-4-2.jpg

鎌倉には多くのお寺がありますが、
私が繰り返し訪れるのは長谷寺とこの報国寺です。
どちらも年に数回、忙しくても年に1度は自然と足を運んでしまいます。
元気なときには長谷寺に足が向き、
何かに行き詰ったとき悩んだときはには報国寺に足が向きます。

7-4-4.jpg

スッと高く伸びた青い竹を見ながら、奥の茶房で飲む抹茶は格別。
ここで竹を眺めていろんなことを忘れたり、考えたりしてきました。
といっても、たいしたことは考えていないんですけどね・・・

誰にでもなんとなく訪れてしまう場所があると思いますが、
竹寺にも一度足を運んでみてください。竹パワーがもらえます♪♪


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
応援ありがとうございます。励みになっています。


トップに戻る
 
posted by 麻生 さとみ at 08:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

トレッキング 

たくさんの応援ありがとうございます♪<ブログランキングへ>


7-24-0.bmp

雨が続いています。梅雨は日本の四季には必要で、それもまた風情があるものですが、最近のニュースを見ると早く梅雨が明けてほしいと思います。

さて、今回はフラワーコンシェルジェの古屋敷さんのレポートです。
雨の日にも関わらず楽しんできたようです。
「雨にぬれたハクサンフウロ。露にあたってピチピチ。
湿り気のある草原に生える高山植物です。

7-24-1.jpg

今回私がトレッキングしたのは、小田代ヶ原湿原。
戦場ヶ原の隣にある、水辺のない湿原です。

7-24-2.jpg

あいにくの梅雨空でしたが、辺り一面、お花畑!上の写真はホザキシモツケ。ピンクの小花がかわいいバラ科の花です。うっすらとピンク色に湿原が染まっていました。花市場では、同じ仲間のシモツケソウが少量ですが流通しています。

7-24-4.bmp 7-24-3.jpg

そして、中でも一番目立っていたハナショウブは見事に咲き乱れてましたよ。」

こんな景色のいいところをトレッキングとは、羨ましいですね。『花笑み時』の読者の方もトレッキングをされている方がいらっしゃると思いますが、どんな花を見ることが出来たのでしょうか?


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
今週もよろしくお願いします♪


トップに戻る

posted by 麻生 さとみ at 09:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。