2006年11月16日

秋バラか・・

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

11-16-1.jpg


秋バラの報告をしたいなと思ってたところ、花笑み時でお馴染みの古屋敷さんから、秋バラのレポートをもらいました。

『先日、東京調布の神代植物園に行ってきました。
秋咲きのオールドローズを始め、たくさんのバラが咲き乱れていました。

11-16-2.jpg


左側のピンクのバラはオールドローズの一つのコウシンバラです。このバラは、四季咲き性の中国原産のバラで、ヨーロッパ原産のロサ・ガリカと交雑(自然界で受粉)され現代バラの四季咲きの親となった重要な品種です。香辛料の香りがするので、この名前が付いたそうです。

右側の写真は、ある園芸家のご自宅のお庭です。オールドローズがたくさん咲いていました。花びらが少ないのが、分かりますか?

その園芸家の好きなバラのタイプは、ピンとした上を向いたバラではなくて、
うつむき加減の繊細なバラ。一番上の写真は、うつむき加減のレディヒリンドン。ダージリンティーのふんわりした上品な香りがします。

うつむき加減のバラに心を奪われ、穏やかな秋日和、バラの魅力に改めて感じた一日でした。』

秋バラは色がきれいに出るといわれています。東京、横浜では今月いっぱい見れるはずです。私も、港の見える丘公園か、神代植物公園に行ってみます。
急がなくては!!


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
今日もよろしくお願いします。
 
posted by 麻生 さとみ at 19:16| Comment(4) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

『薔薇の秘密』展 vol.3

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

11-2-1.jpg

バラというと、高貴で華やかなイメージがあります。
“葉”というドレスを身にまという貴婦人のような杉本氏の“バラ”。

花の美しさは言うまでもなく、形や色、大きさが全て違う美しい“葉”。
一輪挿しで飾ると、その葉自身の姿、花とのバランスが際立ちます。

ギャラリーの入り口は、
個性ある5本のバラで皆さまをお迎えさせて頂きました。

11-3-1.jpg   11-3-2.jpg

左は今年デビューの“ラ・カンパネラ”
右は今年、皇室に献上される“ジプシーキュリオーサ”

11-3-3.jpg 11-3-4.jpg 

私の大好きなのはこの“エナジー”。
はじめは赤色のバラですが、そのうちに中から黄色の雄しべが現われて、
その表情を明るく変えてしまいます。
時間が経つと、同じ花が違うニュアンスを持つのです。
これが“生きている花”の楽しみ。

スプレーでたくさんの花を楽しむだけでなく、
そのうちの一輪をそっと水に浮かべれば、
また違った“エナジー”の顔を見ることが出来るのです。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
今日もポッチと、よろしくお願いします。
posted by 麻生 さとみ at 00:04| Comment(13) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

『薔薇の秘密』展  vol.2

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>


11-2-2.jpg

『薔薇の秘密』展。
展覧会の名前をつけるのはかなり悩みました。
『薔薇の秘密』・・ちょっと怪しい名前?ギリギリの名前?
なんて、思ったりもしました。
が、今では「なんて、いい名前なんだろう!」と自画自賛しています。

今回は静岡県三島市でバラの品種を創りだし、そして生産もする
“市川惠一(よしかず)”氏のバラを紹介します。

11-2-4.jpg

上は、市川さんのこれまでの代表作。
“アンダルシア”(赤)“ルナロッサ”(オレンジ)“ソフィア”(黄色)
形が変わっていて、バラだとは思えません。
そういえば、私がブログをはじめた時に紹介したのもこの“アンダルシア”でした。今思い出しました。きれいには撮れていなかったので、リンクは貼りませんが・・

今回は、この楽しい気分にさせてくれるバラを楽しく天井から吊るしてみました。

11-2-5.jpg

そして、今年発表の“ジャルダンパフューメ”
“ジャルダン”とはフランス語で“庭”。“パフューメ”とは“香り”。

今回は、市川さんが特別にローラン・ボーニッシュ氏をお招きして
デモンストレーションを開催しました。
ローランさんのデモは定評がありますが、
それはテクニックだけでなく、バラの楽しみ方を教えてくれるものです。

一番上の写真は、ジャルダンパフューメの展示です。
ガラスや人工的に出来た花器では庭らしくならなかったので、
苔で庭を表現しました。




1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
あっ・・・10位に下がってしまいました。今日もよろしくお願いします。

posted by 麻生 さとみ at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

『薔薇の秘密』展

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

11-1-1.jpg

『薔薇の秘密』展が終了しました。
たくさんの方にご来場頂き、感謝しています。
ブログを通じて多くの様々な方にお会いできて、不思議な“縁”を感じます。

そもそも、このブログをはじめたのも、プリンターのインクを買いに行ったヤマダ電機で、デジカメを衝動買いしたのがきっかけでした。なぜ、衝動買いしたかと言うと、店員さんが特に売ろうとしたわけでなく、カメラのおもしろさを控えめに熱く語ってくれたからでした。その人に会っていなかったら、または別の人に説明を受けていたら、ブログは始めていませんでしたし、薔薇展も開催していなかったでしょう。小さなきっかけが、大きな変化を生むものだとつくづく感じます。

前置きが長くなってしまったので、『薔薇の秘密』展はあっさりとご紹介します。

11-1-2.jpg    11-1-3.jpg

三輪真太郎氏のイングリッシュローズは“移りゆく姿”を表現しました。
短いからこそに、その懸命に生きている姿が感じれるバラです。

11-1-6.jpg    11-1-7.jpg

浜田バラ園のバラは“花びらと光”
その花びらの色の美しさが際立っています。


明日は市川惠一氏、杉本重幸氏のバラを紹介します。 



1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
今日もよろしくお願いします。





 
posted by 麻生 さとみ at 02:55| Comment(7) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

あと1日です

『薔薇の秘密』展。
おかげさまで、多くの方にご来場頂き、ありがとうございました。
ブログを見て来ていただいた方も多く、嬉しかったです。
あと1日で薔薇展も終わりです。
明日も会場に居りますので、ぜひ声をかけてください。
楽しみにしております。

麻生さとみ
posted by 麻生 さとみ at 23:07| Comment(3) | TrackBack(2) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

あと二日。『薔薇の秘密』展

あさって25日から『薔薇の秘密』展が開催されます。
今は準備に奮闘中です。
あれこれやりたいことが多すぎたようです。

いっぱい、いっぱいです。

が・・
ただ、バラを素直に見てもらいたいだけなのです。
原点に返って、落ち着いてみます。

どのぐらいの方が遊びに来てくれるのでしょうか?
楽しみにしております。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
今日もよろしくお願いします。

posted by 麻生 さとみ at 18:33| Comment(16) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

バラのつぼみ

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

10-19-7.jpg

丸いつぼみの『アルンウィックキャッスル』
同じような丸いつぼみのバラは多くありますが、
咲き方は、みなそれぞれだから、ワクワクしてしまいます。

10-19-6.jpg  10-19-5.jpg

『ロマンティックキュリオサ』はモダンローズらしいつぼみの形でも、
咲いてみると、花の中央に不思議な壁を作ります。

『パットオースチン』の細いつぼみの一番外側の花びらには、
きらきらしたピンク色がほんの少しだけついています。
その色が綺麗なんです!
でも、その輝きが見ることができるのは、ほんのわずかなとき。

このつぼみが咲くとどんな表情を見せてくれるのか?
咲いた姿が全く違うのもバラの魅力。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
更新が出来ないのに、応援ありがとうございます!!


トップに戻る
 
posted by 麻生 さとみ at 19:07| Comment(4) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

巧みな演出

クリックで応援お願いします♪<ブログランキングへ>


10-15-3.jpg

赤に近い濃ピンクから青みがかった濃ピンクへのグラデーション。
そして、中央の鮮やかな黄色にわぁ〜とため息。

10-15-1.jpg   10-15-2.jpg   

右側上は6部咲きくらいのとき。黄色の雄しべは、まだ姿を見せません。
そして、ピンク一色を見慣れた頃、中央に黄色の雄しべが現われます。
これは人間を飽きさせない演出なのか?
と思ってしまうほどタイミングがいいではありませんか!!

オールドローズの血を強く受け継ぐ、市川惠一さんのオリジナルバラ。
カクカクと折り紙のように折れ重なる花びらが、また興味を引きます。

香りと花びらの形、そして、色で巧みに美を表現しています。

10-15-4.jpg

これが、自然だと思って受け入れるのが難しいほど、神秘的で、
考えれば考えるほど、分からなくなっていくのです。。。



1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
 
posted by 麻生 さとみ at 10:17| Comment(6) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ラ・カンパネラ

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

09-29-1.jpg

『ラ・カンパネラ』
これは何の花・・・?
今年6月に、はじめて見たときの印象です。

9-29-3.jpg  9-29-4.jpg

ドレスのようなドレープ。ほんのり色づくピンク。

先日、浜田バラ園さんにお邪魔したときに、
お土産として、光揮さんに頂きました。

9-29-21.jpg

一輪、お気に入りのミルクピッチャーに入れて楽しみました。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る

posted by 麻生 さとみ at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

後悔したこと。 感激したこと。

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

9-23-2.jpg

昨日の朝、外に出るとアンブリッジローズが咲いていた。
「えっ!!一昨日はまだ固いつぼみだったはずなのに・・」
咲いていく途中の経過が楽しみだったので、
油断していたことを後悔した。

9-23-4.jpg

ちょっと気を取り直して花を見てみると、
どこよりも、なかの約の部分に一番先に目がいった。

みずみずしく赤く染まった中央の部分と黄色い雄しべたち。
この思いがけないコントラストに感激した。
写真では写せなかったのですが、赤く染まった部分が
「私を見て!」と主張しているようです。
赤く染まったそれは女性の口紅にあたるのでしょうか?


一夜明けた今朝、花を見てみると、全体の色は少し抜けて、薄くなり、
中央の部分が少し黒くなり始めていました。
やっぱり、刻々と変化していくのです。
この短い1日の間にバラは私の何年分かを過したのでしょう。

今度は油断しない。花の全てを知れるように・・・


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 08:34| Comment(2) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

1本のバラ

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

9-19-10.jpg

1本のバラはたくさんのことを気付かせてくれます。
少ないことはいいことだと、1本のバラを見ると思います。

9-19-11.jpg   9-19-12.jpg

花びらの艶。花びらの透明感。花びらの力。
人間と似ているなぁと思います。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 10:05| Comment(3) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

花と空気感

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

9-13-1.jpg

横浜は昨日から突然空気がひんやりして、長袖のシャツがちょうどよくなりました。さらに昨日からはしとしとと雨が降っています。
こんな日は明るい色の花を飾って気持ちを明るく!!もいいですが、
いっそうありのままの空気感を味わうのもいい・・・

9-13-2.jpg  9-13-31.jpg


今回のバラは『ラグーン』スプレータイプ(一本の茎にお花が数輪ついています)大きさは一輪が3cm程度の小さいもの。花びらは繊細で、そんな雰囲気が、妙に人間ぽくって愛おしく感じます。
花器やインテリア、そして空気感にお花をあわせるのもまたひとつの楽しみ。

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

秋もいろいろ

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>

9-5-1.jpg

夏の写真がまだまだ、たくさんあるのですが、
いまひとつブログに載せる気になりません。。。
朝晩のほんのり涼しい空気に、無意識に秋を感じているのでしょうか?
今日はこんな色のバラが見たくなりました。

上のバラは『エキストリーム』
薄い紫にほんの少しだけ茶色を帯びて、しっとり落ち着いた秋に似合う。

9-5-2.jpg  9-5-3.jpg

左は『テラシェンナ』 
少し明るめの茶色。花びらの微妙な濃淡がちょっとおいしそうに感じます。
食欲の秋にいかがですか??

右は『マイラブリー』
赤が強く出ている、赤茶色。燃える秋に・・

バラもいろいろ。。。秋もいろいろ。。。


1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 23:28| Comment(3) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

今頃のバラ

応援嬉しいです♪<ブログランキングへ>

9-2-1.jpg

今の時節のバラは小さく、立派で豪華ではないのですが、
儚げで、繊細で・・その雰囲気が好きです。

9-2-2.jpg  9-2-4.jpg

今頃の繊細なバラは、黙って眺めるのがいいかな。。。



1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

自然の不規則さ

クリックで応援お願いします♪
<ブログランキングへ>


8-28-1.jpg

自然はどうも気まぐれらしい。
不思議なぐらい規則正しい花びらや葉そして花びらの模様があると思えば、
一輪一輪全部違う模様になる場合もある。

今回のバラは『アローフォーリーズ』。直径3cmぐらいのスプレーバラ
一輪一輪、模様の入り方が全部違っている。

8-28-2.jpg  8-28-3.jpg

この“不規則さ”、わざと作ろうと思うと結構難しい。
たとえば・・・
アレンジの最後の仕上げにアイビーなどのつるを巻きつけるとき。
デザートの盛り付けの最後に、クランベリーソースやチョコレートで
お皿に点々と模様をつけるとき。
自然に、自由に、と思ってもどこかぎこちない。
また、“自然な色あわせ”のブーケを作ろうと思ってもすごく悩みます。

不規則でいて自然で美しいってかなり難しいのです。

8-28-4.jpg


さて、さて、今回のこのジャスミンの葉。
「なんかいつも同じパターンだ」って思っている方。鋭いです!!
このジャスミンもうどのくらい使っているのかな?
2〜3ヶ月??根が生えてきてます。
鉢で育てているものですが、重宝してます♪♪

1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

バラの個性

ランキング参加中。クリックお願いします♪<ブログランキングへ>


7-9-6.jpg

少し光沢があるカールした花びら。洗練されたイメージの『アンネマリー』

7-9-7.jpg   7-9-8.jpg

透明感ある花びらがたくさんの光を浴びるように咲く『マレーラ』
牡丹のようにぎっしりとした花びら。ロマンティックな表情の『イブピアッチェ』

7-9-51.jpg

内側に折り返した花びらが無数に重なり、元気をくれそうなバラ
(名前が分からなくなってしましました・・・)

バラと一言に言っても全部違います。
長い歴史のなかで自然の大きな力と人間の少しの工夫で
さまざまな品種が作られてきました。今ではその数2万種以上です。

花の色、質感、形、咲き方、バラ全体の姿、そして香り・・・
いったいどれだけの個性を持っているのでしょうか??

さて、話は変わりますが、10月に『5人のバラ職人』展を
南青山の『como』というギャラリーで開催することがほぼ決まりました。
バラ作りに人生をかけたバラ職人の情熱とその個性豊かなバラを
ゆっくりと楽しめるような空間を創ります。また、お知らせします。
バラ職人が引き出すバラの個性を見つけにいらしてください。


※イブピアチェ、マレーラは浜田バラ園さんのバラ
1日1クリック、お願いします!ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
たくさんの応援ありがとうございます。


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

バラの表情

昨日は4位♪今日は何位?<ブログランキングへ>


7-9-6.jpg

なんという名前なのか・・
偶然手にした、たった一輪のバラです。

やさしく、温かみのあるアイボリーの花びらは
硬すぎず柔らかすぎない適度なハリで花びらに絹のような輝き
を持たせているのが分かりますか?

その花びらは全部違う形に巻きかえり、美しく重なりあって出来た陰陽と
真ん中の黄色い葯がさらにバラの花の表情になっている。

贅沢で心安らぐ時間だなぁ。。。


ランキング参加中です♪
   ↑ ↑ ↑
皆さんのおかげで、4位!!いつもありがとうございます。



posted by 麻生 さとみ at 09:38| Comment(4) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

エンターテイナー

皆さんのワンクリック楽しみにしてます♪<ブログランキングへ>

6-7-1.jpg

カラフルな砂糖菓子のバラ?!いえいえ、こちらは本物のバラ!!!
生のバラに茎から色を吸い上げさせたもの。
すご〜く人工的だけど、ちゃんと生きているもの。

6-7-2.jpg  6-7-31.jpg

こんなポップなバラのブーケを持っていったら、話題の的。。。
絶対、みんな寄ってきて「え〜本物なの??」って言うでしょうね。
そんな注目を浴びるお花贈りも楽しみ方のひとつ。
このバラは、エンターテイナーなのです♪♪

そんなエンターテイナーと合わせるのは、やっぱり話題性があるもの!
パセリのようなトラケリューム・ジェイドと
カラフルなスティックで盛り上げます。 

こんな遊び心、いかがですか?



1日1クリック、お願いします!
ランキング参加中です♪

   ↑ ↑ ↑
クリックすると花笑み時にポイントが入ります。


花材.フロリメックス株式会社

posted by 麻生 さとみ at 00:36| Comment(9) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

紫もいろいろ〜品評会vol.3

今日もありがとうございます!<ブログランキングへ>

5-7-1.jpg

紫のバラほしいのですが!! って、
ついお花屋さん言ってしまいそうですが、こんな注文はお花屋さんを
困らせてしまいそうです。

だって、紫と一言に言っても何十種類もの“ムラサキ”があるんです!!

5-7-5.jpg  5-7-4.jpg
左は『エクストリーム』 
グレーがかった紫で、花びらの外側は茶色味を帯びている

右は『オールドダッチ』 
花びらの淵がグリーンがかっている。

上の二つは少し味がある紫。まるでアンティークな家具のような風合い
がたまらない。お花を知り尽くした上級者向き

5-7-2.jpg  5-7-6.jpg

左が『ブルーミルフィーユ』
 明るい紫の花、淵がグリーンを帯びている。
この花の特徴はなんと言ってもグルグルとたくさん巻いた花びら

右は『クールウォーター』  
明るい紫。大輪で花びらがしっかりしてます。

5-7-3.jpg  5-7-7.jpg

左は『コメットブルー』
誰にでも受け入れられそうな淡く落ち着きのある紫色。
スプレータイプでふんわりと咲くバラ。

右は『トワグレープ』 
かなり赤みを帯びている新品種のバラ。花は15cm以上の大輪

まだまだ紫のバラはたくさんあって、これはほんの一部。
紫もいろいろですね。
気に入った紫はありましたか?

今回は日本ばら切花協会のばら品評会のレポートでした。
過去の記事 : 品評会vol.1  品評会vol.2

さらに詳しくはハマテレビ 花笑み時シリーズ 
第4回「日本ばら切花品評会レポート」
で動画配信してます。


1日1クリック、お願いします!
ランキング参加中です♪

   ↑ ↑ ↑
クリックすると花笑み時にポイントが入ります。
応援嬉しいです。


トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 10:30| Comment(7) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

アンシャンテ あなたに会えてよかった!!  〜品評会vol.2

今日もありがとうございます!<ブログランキングへ>

4-30-1.jpg

『アンシャンテ』
フランス語であなたに会えてよかった!とかはじめまして!という意味

親しい友達や大好きな人へのプレゼントにピッタリのバラ。

4-30-3.jpg 4-30-21.jpg

左が『アンシャンテ』花が開くにしたがって花びらは内側に丸まっていきます。
右は『グリーンアイス』このような咲き方をポンポン咲きって言います。

4-30-4.jpg 4-30-5.jpg

右が左が『ホワイトチャップリン』左が右が『クリーミーエデン』
(すいません、また間違えてました!素敵過ぎるさんに教えてもらいました。)
すべて白系のバラですが、色のニュアンスがいろいろ♪♪
どのバラがいいか迷ってしまいますが、今日の気分はアンシャンテかな?

今回は日本ばら切花協会主催のばら品評会での写真です。
詳しくはハマテレビ 花笑み時シリーズ 
第4回「日本ばら切花品評会レポート」
で動画配信してます。


1日1クリック、お願いします!
ランキング参加中です♪

   ↑ ↑ ↑
クリックすると花笑み時にポイントが入ります。
応援嬉しいです。



トップに戻る
posted by 麻生 さとみ at 17:08| Comment(7) | TrackBack(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。